FC2ブログ

SEO対策

ホームページで稼ぐ方法
稼げるWEBサイト制作なら

プロフィール

tsuttie.web

Author:tsuttie.web
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ホームページを営業マンにしよう
アクセスをたくさん集めるためには


LPO・・・ランディングページオプティミゼーション・・・ランディングページ最適化とは
ランディングページとは、あなたのホームページに最初に訪問者が訪れるページで、つまり訪問者は最初にトップページから訪れるとは限られません。つまり訪問者が探している情報の中で、googleやyahooの検索エンジンはキーワードやそのページに書かれている内容から、重要だと考えられるページを優先して、上位に表示してゆきます。yahooは、比較的にトップページを優先する傾向にありますが、googleは、特に、キーワードに対して内容が深いページを優先表示するようです
この最初に訪問者の訪れるホームページの各ページを最適化することにより商品購入や、お問い合わせ、会員登録などの収益につながるコンバージョンレート つまり取引の割合を高める手法のことです。
では、具体的なlpo対策を行うためにどうしたらよいかは、まず基本的なことでは、各商品、タイトルのページのメタタグの部分をもう一度も直すことから始めましょう。
たまにあるのですが、またタグキーワード、ディスクリプション、タイトルがトップページから、すべて同じだったり、会社名を最初に記述したりしてないか見直して下さい。会社名で検索される場合、ほぼ、ピンポイントで検索されるので、同じ名前の会社が多数ない限り、あまり重要なタグでマークアップする必要がありません。むしろ、取引につながる商品名を検索される手法をとるべきです。
次に、そのページに容易に到達できるようなリンクの設置、リンクの位置を考えましょう。これは使い勝手の良いホームページの制作ということですが、この機会に見直しましょう。
最近では、ランディングページは、縦長のランディングページのほうがよいといわれています。それは、ランディングページよりクリックされたページの訪問者は、取引をしようという意欲が比較的に高く、より詳細な情報を得ようとしますので、そのために、縦長なランディングページができてしまうことになります。つまり、トップぺージは各ランディングページの導線の役割を持たせランディングページで取引を成立させるということだといえます。
ロングテールキーワードを見つけることもコンバージョンを高める効果があります。ロングテールキーワードとは複合機キーワードのキーワードをたくさん入れることだと考えがちですが実は違います。検索数は非常に少ないが、購入意欲が強く、また、他社と競合しないキーワードを探し成約率を高めるということです。そんなキーワードがあれば新規のページをつくらなくても、そのキーワードに比較的にマッチしたページにコンテンツを埋め込むだけでコンバージョンを高めることになりますので、この機会にサイトの見直しをしたらいかがでしょうか?
br />
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ホームページを営業マンにするコツ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。